PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに投票お願いします | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レビュー:コナミ アーケード コレクション 


コナミ アーケード コレクション
ハマり点
長持ち点
ヨメウケ点

総合点

ナムコ、カプコンは昔のゲームとはいえ、今でも十分に遊べるような「いい」ゲームが多いので成立するけど、コナミ~?がんばれゴエモン何個も収録されてても絶対やらねーぞ(´Д`。)どうせMSXでコナミ全盛だった頃の寄せ集めだろ~なんて思ってリストをみてみると、、、イーアルカンフー、プーヤン、サーカスチャーリーにグラディウスから全く聞いた事ないようなゲームまで幅広い品揃え

( ;゚Д゚)チョットだけ気になるな、、、

寄せ餌につられて、まんまと購入。空けてみると、悪くない、ナムコミュージアムがでたての頃に感じた感覚に負けていない。侮って見逃すとこだった、危ない危ない。全体的には「必要以上にマニアック」な作りで、各ゲームの詳細設定は「簡単」モードだと、普通のゲームみたいに「残機数」だとか「難易度」だとかを設定できるが、「マニアモード」だと、基盤のディップスイッチを個別にいぢれるそのまんまアーケード基盤仕様!!!い、いらねぇよこんなモードぉ!しかもよくある当時のチラシだとかが観れる以外に、基盤を鑑賞できる!!!しつこいけど、だから、いらねぇって(越中)ボタン設定とかも連射の速度とかまで設定できたりいたれりつくせり、こういうレトロゲーム集に必須な「開発側のこだわりと愛」が溢れんばかりに感じられる、買い推奨

各ゲームもこうやって見ると、当時を思い出す。イーアルカンフーは当時アーケード版と家庭用でほとんど違うゲームみたいになってて、このアーケード版がえらくかっこよく見えたもんだ。音楽もいい、対戦格闘ゲームでこんだけ個性的な敵キャラを順に倒していくなんてゲームはなかったんじゃないか?記憶をひっぱりだすと、中盤の棒使いの男、扇をひらひらさせる女あたりが壁で小学生には越えられなかった気がするが、最終ボスは黒っぽい服きてたような気もすんなー。なんて思いつつプレイ、懐かしいっていうか激ムズ!こんなの金払って遊んでたら50円が一瞬で吸い込まれてたんじゃねぇの(( ;゚Д゚))ガクガク 手裏剣なげてくる中国娘がフツーに倒せねぇ!なんかワザがいっぱいあるけど、使えるのはごく一部な気がしてならないんだが、、、いやーでも燃えるぜコレ

続いてグラディウス、いい、この音、色あせないグラディウス。勢いにのってツインビー。駄目だ、なんだコレ、ファミコン版とかディスクシステムでグインビーみたいな緑のやつがいたのも持ってた気がするが、難しすぎるぞ。敵を攻撃しつつ、ベルを気にして欲しい色にしてキャッチしてパワーアップなんてできるかっ!このパワーアップ形式、全シューティングの中で一番難しいんじゃねぇの?ってくらい思い通りの色がとれない。調整して白ベルに、キャッチしたいので弾を撃たない、敵が飛んでくる。キャッチして死ぬか、撃って色を変えてしまうかの二択、みたいな状況が多発。しかも死んだ後がやけに辛い。ノーマル状態でステージまっただなかから始まってもベルとれねーよ!!!これもゲーセンで遊んでた記憶あるけど、まさかな

サーカスチャーリー、自分の中で覚えてるのはMSX版だ。世間にファミコンがでまわり始めた頃、うちにあったのはMSXだった。確かASCIIが発売してたロードランナーだかそのまがいものだかみたいなゲーム以外は、コナミ一色だった気がする。オレンジ色の箱でスーパーコブラ(スペースコブラだっけ?)やらイーアルカンフーやら。サーカスチャーリーもそのひとつで、ステージ構成がアーケード版とは違ってたが、バカみたいに難しかったのは忘れていない。収録されてるアーケード版サーカスチャーリーは本気で「30秒で50円失うレベル」で油断できない。まあ一面のライオン火の輪くぐりは、たいしたいやらしい仕掛けはなくクリアできるだろう。たが、これも床においてある火壷の当たり判定が思った以上にでかいので油断はできない。問題は2面の綱渡り猿渡、綱渡りしてるところを向かい側から猿が向かってくるのでジャンプでかわすんだが、猿にあたると落ちてアウト。猿はフツーに歩いてくるやつ、いちいち立ち止まりながら歩いてくるやつ、ピンクの速いやつ(フツーの猿をジャンプでとびこえてくる)3種類がいて、しょっぱなからピンクのやつが厳しい。ゲーセンでやったらフツーの人間ならここで死亡だ。ゆっくりと強制スクロールする上に猿と猿の間隔は狭い、それをピンクが突進してくんだから「こんなのできんのか?」とする感じるだろう。コツは「キーを後ろにいれて戻ろうとせずに、その場で立ち止まった状態でピンクは垂直ジャンプでこえる」だ。バックしようとすると、なんか向こうも進行スピードが遅くなって何の解決にもならずに追い詰められる。フツーに立ち止まってその場ジャンプで越すようにする。これをクリアしてもトランポリン、玉乗り、多分その後は空中ブランコだったはず。現在は玉乗りのコツがわからずクリアできない状態

ってな感じで結構盛りだくさんだ。スーパーバスケットボールとか全く知らんゲームもあるが、その古さがホントに懐かしい。うわー昔のスポーツゲームってこんなんだったよなぁみたいな。昔っからゲーマーな人は勿論、ゲーマーじゃない人が、ちょっとした時間に軽く1ゲーム遊ぶみたいな感じでも楽しめる内容で意外と買いだ。ずっとコレばっかり遊んでるとさすがに飽きるけど、時々遊ぶっていう感じにすれば種類もたくさんあるし、結構長持ちすると思う

ニンテンドーDSみんなで楽しみましょうへっぽこ軍人に1票!



楽天売上ランキング上位にはいってるウマそうなもの。たった一晩で1000セット完売するめったにない紅ズワイガニのカニ脚、スプーンで食べるだけ!宮城三陸産「殻付き生うに」(純度100%)500g、生でも食べられるとうもろこし!どれも送料無料がやっぱり人気に拍車をかけるぜぇ

えんぴつで奥の細道DS
渋い、渋すぎる。漢字とか塗り絵を超えて奥の細道ときたか。ファミ通みたら般若心境もでるみたいだけど、売る側は購入層がどのくらいの規模だと想定してんだろう、フツーに考えて般若心境なんか100本売れたら「実質ミリオン」じゃねーの?奥の細道も、えんぴつでなぞるのは確かに売れてるだろうけどDSだとキツいんじゃないのかねぇ、40歳以下が買う確率0%な気がするけど。いくら仲村トオルによる朗読付きっていったて駄目だろ。間違ったらビーバップのノリで「ざけんじゃねー、ぶっ殺すぞ」とか言うなら買うかもw

DSご当地キティはストーリーに注目だ( ;゚Д゚)
カメラマン修行に出たダニエルに忘れ物を届けるために、アルバイトで旅費を稼ぎながら全国をまわるっていう、どういう会議で決まったんだ?っていう規模のストーリー!ツッコミ要素満載なんでいくつかツッコんでみる。「ダニエルの携帯番号もメールも知らんのか?キティは明らかに本命じゃねーな」「忘れ物そんなに時間かけて届けるって、ダニエルそれが必要ならそれじゃ遅えだろ」でもこれ、その土地ごとに違うミニゲームが用意されてるわけ?だとすると種類としては多い方だねぇ。素直に「ご当地検定」とコラボしてキティ版という形で開発させてもらったほうがよかった気がするけどねぇ。その土地に関するクイズとうんちく+ご当地キティのデータベース的役割みたいな感じで



「Gears of War」レビュー
いやーほんとゲームやる人はPS3じゃなくってXbox360買うべきだね。今になってみると、Wiiうんぬんよりも、ノーマークだったXboxに寝首かかれた感じになっちゃってんねぇ、コーエーも思い切ってガンダム無双のXbox360版、勿論オンライン対戦ありとかを出しちゃえよ、ユーだしちゃえよ、PS3がその瞬間に天使に連れられて天国に召されるからさ、すごく眠いんだ、、、ピーエススリー、、、

・Xbox360「アーマード・コア 4
PS3版を全体的にバージョンアップさせた作りだぞうで、やっぱりXbox360なんだなーと実感させるコレ。最大8人の通信対戦やらボイスチャットってのはもはやXbox360の独壇場っぽい雰囲気。知らん人とボイスチャットするつもりはないけど、友達とかと遊ぶんだったらこれがあるないってデカいわな

「ライオット アクト」エージェント日記結果発表
似たようなのが多い気もするけど、Xbox360の勢いを感じる今日この頃。完全にライトゲーマーは眼中にない感じなので、Wii+DS+Xbox360の3つ全部買っちゃえば迷う必要なし

ランキングに投票お願いします | ニンテンドーDS | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tomojin.blog17.fc2.com/tb.php/540-2bc1b51b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。